法人情報

私たちは、理科の分野で子どもの強みを伸ばしたい親子の想いに寄り添い、自分は大切な存在であると感じられるような居場所づくりを目的にしています。さらに、愛の心で、その強みを伸ばして、子どもに将来と希望を与え、職業につながる人材の育成をめざしています。

代表 小西忠司

法人概要

活動内容

あなたのくうかんおおいた誕生ストーリー

2017年、私は、NPO法人「あなたのくうかんおおいた」の設立を決意しました。どんな場所が子供たちにとって安心できる場所なんだろう?っと考えていたら、詩が浮かんできました。詩「あなたのくうかん」を友人の有川さんに紹介すると、さっそく有川さんが、私の詩から発想して水彩画を描いてくれました。下記の説明は、有川さんから聞いた絵画の説明にコニーが少し脚色した創った物語です。この水彩画では、学校に行きづらい子供を麦わら帽子と成長の止まった木で表現しています。教会は、本当にあなたが安心できる場所の象徴として描かれています。生徒にとって、非特定営利活動法人「あなたのくうかんおおいた」が安心できる居場所になって欲しいという願いです。

画:有川厚 詩:小西忠司 書:淵妹美

わたしは、今、たった一人で、小川の畔に座っている。草が香り、川のせせらぎ小鳥のさえずりもが聞こえくる。自然の中では嫌なこと、辛いこと、苦しかったことを忘れて、少しだけ優しい気持ちになれる。小川には飛び石があるよ。少しだけ勇気を出して対岸に渡ってみた。私の側には、子供の頃に被っていた懐かしい麦わら帽子が置いてある。私も随分大きくなったなあ。頭に載せてみるととても不安定、私の今の気持ちと一緒だ。この木って枯れているのかなぁ?いや、成長が止まっているみたいだ。栄養が足りないのかな?誰にも見てもらえないからかな?「ねえ、あなたは、どうして元気がないの?」あっ、誰かの声が聞こえてくる。あの大きな教会のところから?さあ、歩いてみよう。狭くて、でこぼこの、歩きにくい、躓いたら転んで傷をつくってしまう道だけど、誰かが一緒に寄り添って支えてくれているみたいだ。この青空と木々で囲まれた空間、とても安心できる。かみさまが私にくれた大切なくうかん。